iDeCO(イデコ)の始め方▶︎

つみたてNISAに必要なNISA口座とは?おすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券

 

社会人1年目のソチがつみたてNISAについて解説するシリーズ。

  1. つみたてNISAとは
  2. NISA口座の作り方
  3. 投資信託の選び方
  4. つみたてNISAの運用実績

 

今回のテーマは「2.NISA口座の作り方」です。

つみたてNISAを始めるにあたり必要なNISA口座について解説します。

 

NISA口座とは

 

つみたてNISAを始めるにあたり「NISA口座」を作る必要があります。

NISA口座は、1人1口座しか作ることができません。

NISA口座の変更は1年単位でしかできないため、比較検討したうえで慎重に選びましょう。

 

NISA口座を作る金融機関の選び方

 

こちらがNISA口座を取り扱う金融機関の一覧です。

一覧を見ると分かりますが、全国の銀行・信用金庫・証券会社でNISA口座を作ることができます。

これだけの選択肢があると、どの金融機関でNISA口座を作るか迷ってしまいます。

 

NISA口座を作る金融機関選びでは、投資信託の豊富さを重視する人が多いです。

金融機関によって購入できる投資信託の数に違いがあるのです。

その他にも投資信託を購入するたびにポイントがもらえる金融機関があるため、それを決め手にする人もいます。

 

私が選んだNISA口座の金融機関

 

NISA口座を作るときに、おすすめされることが多い金融機関がSBI証券楽天証券です。

SBI証券は投資信託の種類が多く、顧客満足度や証券口座数がNo.1です。

楽天証券は投資信託の種類が多いだけでなく、投資信託を積み立てるたびにポイントが貯まりお得に投資ができます。

 

私は投資をしながらもポイントが貯まる点に魅力を感じて、楽天証券でNISA口座を開設しました。

つみたてNISAの限度額(年額40万円)まで積立投資をしているため、それなりのポイントが貯まっています。

SBI証券楽天証券を選ぶメリットは大きいですが、証券会社でなく銀行でもNISA口座を開設できるため、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

とりあえずいくつかの金融機関で資料請求をして比較してみましょう。

▷SBI証券は、SBI証券から無料で資料請求ができます。

▷楽天証券は、楽天証券から無料で資料請求できます。

▷マネックス証券は、マネックス証券から無料で資料請求ができます。

▷セゾン投信は、セゾン投信から無料で資料請求ができます。

 

NISA口座の作り方まとめ

 

NISA口座の作り方を説明しました。

NISA口座が作れる金融機関はたくさんあり、購入できる投資信託数等が決め手となります。

SBI証券楽天証券がおすすめですが、様々な金融機関を比較して決めると良いでしょう。

次は投資信託の選び方を紹介します。

 

3.投資信託の選び方 に進む

 

投資信託の選び方を見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です